鬼ヶ島ブログ                                                                                                       ◆イベント情報◆

 

『初めてのデザインフェスタ出展準備編』 by Shun  4月21日


去年初めての絵本(「ぼくぷんちゃん」)を作った。全てが初めての事で色々いっぱいいっぱいだったのけど、今年は2冊目の絵本を出すにあたって少し落ち着いて見れるようになったので今回は新しいPRをしてみよう!と色々調べてたよ。そして、今回は初めてのアート系イベントとなる「デザインフェスタ」の2018年8月4日(土)5日(日)にブース出展してみる事にしました!

 

オリジナルのハンドメイド作品やアートを持った沢山の人が集まるお祭りみたいだけど、行ったことがないし新参者なので色々調べました。絵も見られるし、フードもあり、雑貨も売っているみたい。イベントに行く側にはとても楽しそうなイベントですが、出展者は結構大変そうだし、いろんな人やジャンルがあって初心者は何をどうしていいのか分かりません。

 

今回は、出展者のブログやサイトなどを調べて僕が『「デザインフェスタ」のようなアートイベントの準備をする際に役立つ情報』を自分用にまとめるので参考程度にどうぞ。(*より良い情報にする為、出展後に持っていけば良かったもの、要らなかったもの、気付いた事など追記します。)「東京以外の地域から、遠征でアートイベントに出展しに行く初めての人」という極めて狭いターゲットの人には参考になるかもしれません。

 

 

【持って行くもの】

 

絵本&グッズ

出展者パス

 

 

キャッシュキャリーケース (100円、500円、1000円、はんこ&スタンプ台、電卓 )

売上用メモ、商品値段一覧表

お金のトレイ(カルトン)

名刺&名刺入れ

値札

 

 

文房具(サインペン、ボールペン、ハサミ、輪ゴム、ガムテープ、マスキングテープ、黒テープ、ゴミ袋、画鋲、メモ)

買い物袋&シール(入れるグッズに合わせた大きさの袋やいくつかまとめて入る大きい袋など)

iPad Pro(or スケッチブック)、iPhone、モバイルバッテリーx3、ケーブル各種,GoPro

 

 

ディスプレイ用具(小棚、イーゼル、コルクボード、ピン等、ポップ、ぷんちゃんパネル、潰せる布トレイ、ラグ、パネル用三脚、iPadホルダー&三脚、ブースナンバーを書いた紙、絵本立てx3、Tシャツ見本用ハンガー、トートバック展示用S字フック)

 

 

レジャーシート or 大きい布

 

 

水、食料、ウエットティッシュ、着替え、タオル

 

 

 

【準備する事】

 

 

  • 絵やグッズをデザイン→制作→包装、額装など
  • イベント前にブースの大きさをシュミレーション、レンタルするテーブルやイスなども似たサイズのもので配置してみる→そこに絵やグッズを置いてみる→見やすく、楽しいディスプレイを試行錯誤する。
  • ポップやチラシ、名刺などPR材料を作る。
  • 備品レンタルの申し込み
  • お釣りの為に小銭や細かいお札を用意しておく。値札も書いて用意しとく。
  • 在庫数を確認できるように、在庫表と値段一覧表を作る。
  • 出展することをPRしておく。(デザインフェスタ公式のPRなど情報をチェック、自分の登録しているSNSでのPRなど。)
  • 売り子を用意しておく。
  • 準備が終わったら全てを梱包して、送るものと機内持ち込みに分ける。帰り用の送り状用意。
  • ホテル、飛行機の予約

 

 

 

 

【当日の設営時から展示中用チェックリスト】

 

  • ブースを撮影する4枚(後日の出展レポート用&SNSでのPR用)
  • SNSで呼びかけ出来るネタは撮影、記録しておく。
  • 三脚やイーゼルをテープで固定して動かないようにする。
  • 値札をつける。
  • iPadをディスプレイする。

 

 

https://designfesta.com/news47advice/

 

準備はこのくらいかな?と思います。あとは、制作物を頑張って素敵に仕上げるくらいですね。

 

 

 

細かいアップデートや可愛い写真などはInstagramに載せているのでそちらも覗いて見てね。

 

↑ちなみに持って行く「ぷんちゃん」グッズ、着々と出来上がって来ています!ラインナップは決まり次第、更新します。

 

 

 

↓5月の12日にデザインフェスタを見に行きました。行ったことないまま参加するより、下見して雰囲気を知りたかったので。会場に入るとすごく人が多くて、色々な面白い人やアートが集まってエネルギーに満ちた雰囲気で楽しかったです。自分が出展する時のイメージをすることができたので大収穫でした。

株式会社Shunsuke Film

Drawings:  Nei Hatsumi  Created By: Shunsuke Teshima  All Rights Reserved.